スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来季陣容についてちょっとだけ希望を考える。


ここ数年の黒字+新スポンサー+CLの早期敗退。
モウリーニョとの良好な関係を築き、ビックイヤーがどうしても欲しいアブラモビッチ。
メンバーの固定化による疲労蓄積を改善できないモウリーニョ。
来夏の移籍市場は大金を投じる環境が整ったと各紙に報じられ、推定で270億円程度用意しているとも予想されています。
 今季の出場機会を踏まえ、放出されるであろう選手、獲得が噂される選手、個人的に欲しい選手を書いていきたいと思います。(28節終了時点)
ユースチームとの2種登録選手は今回は表記してません。
①ゴールキーパー

ティボー・クルトワ 22歳
PL24試合 FA杯0試合 COC杯2試合 CL5試合 合計31試合出場

ペトル・チェフ 32歳
PL4試合+途中出場1 FA杯2試合 COC杯4試合 CL3試合 合計13+1試合出場

ヤメル・ブラックマン 21歳
出場機会なし

クルトワが完全に正キーパーとして君臨しているのでチェフは放出だと思います。残ってくれるなら頼もしくてこれ以上ないですが。GKはある程度高齢でもこなせるポジジョンですので、32歳のチェフがこのまま出場機会を減らすのはあまりに勿体ない。大舞台を多く経験し、実績のあるGKで世界で一番市場に出そうなのはペトル・チェフでしょう。現状国内外多数のクラブに獲得の噂があり、来夏に大きな取引が行われると思います。補強の噂はブラッド・フリーデル。HGを考えるとルディ(ノリッジ・C)やバットランド(ストーク・C)をセカンドGKに推薦します。

②ディフェンダー

ジョン・テリー 34歳
PL28試合 FA杯0試合 COC杯4試合 CL7試合 合計39試合出場

ガリー・ケーヒル 30歳
PL24+2試合 FA杯2試合 COC杯4試合 CL6試合 合計36+2試合出場

クルト・ズマ 20歳
PL5+0試合 FA杯2試合 COC杯5試合 CL3+1試合 合計15+4試合出場

アンドレアス・クリステンセン 18歳
PL0試合 FA杯1試合 COC杯1試合 CL0試合 合計2試合出場

ブラニスラフ・イヴァノビッチ 31歳
PL28試合 FA杯0試合 COC杯3+1試合 CL7試合 合計38+1試合出場

セサル・アスピリクエタ 25歳
PL22試合 FA杯2試合 COC杯3+2試合 CL4試合 合計31+2試合出場

フィリペ・ルイス 25歳
PL6+5試合 FA杯1試合 COC杯5試合 CL5試合 合計17+5試合出場

ネイサン・アケ 20歳
PL0試合 FA杯0+1試合 COC杯2試合 CL0+1試合 合計2+2試合出場

CBの補強は必須でしょう。ジョン・テリーがどこまで維持できるかも分からないですし、低い最終ラインがスピードのある選手に千切られるのももはや定番の失点パターン。ヴァランはマドリーが全く売る必要がないので確率は低いでしょう。
アスピリクエタは左のスタメンに定着、加えてイヴァノビッチが出れない時の右の控えとなると、もう1人選手がいてもいいかなと思います。国籍や年齢を考えてもコールマン(エヴァートン)やナサニエル・クライン(サウサンプトン)は噂にもなってますし個人的にも推してる選手ですので欲しい。マネアは獲得の噂があるものの17歳ですし、カラスのSB起用も現実的ではない。
問題はフィリペ・ルイス放出の噂。低い最終ラインがカウンターをモロに受けるのはマティッチが攻撃の一端を担う事でカウンターを受けた時に守備に遅れる事が主です。ですがフィリペは右からの崩しの時、中盤の位置に絞り、アザールへつないだ後に背後を回ることで左足を使ってクロスも匂わせるといった形を数回見せており、それによりマティッチはカウンターのリスク回避に意識を割くことが出来るのでハマれば重要なピースになるのではと感じてました。
しかし、今季は上手くフィットせず。加えて古巣アトレティコが左SBに信頼を置く選手がいない事もあり、本人の意思によっては移籍も十分にあり得てしまうでしょう。

⑤ミッドフィールダー

セスク・ファブレガス 27歳
PL24+1試合 FA杯0+1試合 COC杯4試合 CL8試合 合計36+2試合出場

ネマニャ・マティッチ 26歳
PL26試合 FA杯0試合 COC杯3+2試合 CL8試合 合計37+2試合出場

ラミレス 27歳
PL7+11試合 FA杯2試合 COC杯1+2試合 CL3+3試合 合計13+16試合出場

ジョン・オビ・ミケル 27歳
PL4+9試合 FA杯2試合 COC杯4試合 CL1+1試合 合計11+10試合出場

ルベン・ロフタス=チーク 18歳
PL0+1試合 FA杯0試合 COC杯0試合 CL0+1試合 合計0+2試合出場

ウィリアン 26歳
PL20+7試合 FA杯0+2試合 COC杯3+1試合 CL5+2試合 合計28+12試合出場

ファン・ギジェルモ・クアドラード 26歳
PL2+2試合 FA杯0試合 COC杯0+1試合 CL0+1試合 合計2+4試合出場

エデン・アザール 24歳
PL28試合 FA杯0+1試合 COC杯4+2試合 CL7試合 合計39+3試合出場

オスカル 23歳
PL23試合 FA杯2試合 COC杯3+1試合 CL4+3試合 合計32+4試合出場

イサヤ・ブラウン 17歳
出場機会無し

2、3か月前まで一番不安視されていたのは、セスク、オスカルのどちらかが不在の時に組み立てに問題が生まれることでした。しかしマティッチのバーンズへの暴力行為による出場停止で状況が変化しました。セスクは影響を及ぼすエリアは広いですが、プレイエリアは狭い選手です。マティッチはピッチを横に広く守れるタイプなので最終ラインとセスクの間のスペースを基本的には1人で対応してきました。モウリーニョはマティッチの不在を底にズマを置いて3センターで対応を試み、マティッチが担っていたスペースを3分割あるいは、セスクのネガトラが遅い時には2分割で守ろうと試みるもポジショニングの粗から不発に終わりました。ミケルの負傷はありましたが、マティッチの様に横に広いエリアを守れる選手がもう1人いれば層の厚さは段違いになります。問題はそのような選手がいない事なんですが。個人的には、ハビ・ガルシア(ゼニト)やシュナイデルラン(サウサンプトン)、クリコヴィアク(セビージャ)、キャバイエ、マテュイディ(PSG)あたりが欲しいです。無理でしょうけど。ポール・ポグバは高すぎます。
サイドの控えは2年目クアドラードへの期待もあるので急募ではないでしょう。便利屋ラミレスもいますしね。ただアザールが負傷した場合に左は誰が務めるのだろう。中央はオスカルの負傷や出場停止でセスクを一列上げると組み立てが...となるので、ドウグラス・コスタ(シャフタール)がサイド、中央とこなせるので適任だと思います。本人もチェルシーへの移籍希望してますし。あとはクラマリッチ(レスター)、タリスカ(ベンフィカ)あたりが控えに補強される噂が出ています。

④フォワード

ディエゴ・コスタ 26歳
PL22試合 FA杯0+1試合 COC杯3試合 CL5+2試合 合計30+3試合出場

ディディエ・ドログバ 37歳
PL3+18試合 FA杯2試合 COC杯2+3試合 CL2+3試合 合計9+24試合出場

ロイク・レミー 27歳
PL0+1試合 FA杯2試合 COC杯1+1試合 CL1+3試合 合計4+5試合出場

ドログバは来季も現役続行を明言。ただレミーがモウの序列でドログバより下にいるのは少し気になる。アラン・パーデューがレミーとの再会を望むとの噂も出ましたし、放出が濃厚だと思います。先発はコスタで申し分ないので控えが1人補強されるでしょう。噂になっている選手はクラマリッチ(レスター)、タリスカ(ベンフィカ)、イカルディ(インテル)などですが、レミー放出ならレスター降格→クラマリッチがオプションを行使してチェルシーと交渉が濃厚かな。


勿論、多額の予算でいろいろ選手の入れ替えをした挙句、噛みあわなければ意味がないですし全部の補強が行われる事はないです。優先順位でいうとMF3列目→GK→CB=FW→MF2列目でしょう。

僕の希望はこんな感じです↓

GK クルトワ(ルディ、ブラックマン)
RB イヴァノビッチ(クライン、アスピリクエタ)
CB テリーorズマorケーヒルorワールドクラス
LB アスピリクエタ(フィリペ・ルイス、アケ)
CM セスク、マティッチ(ラミレス、キャバイエ、ミケル、ロフタスチーク)
RM  ウィリアン(クアドラード、ラミレス)
LM  アザール(タリスカorクラマリッチ、ウィリアン)
OM  オスカル(セスク)
FW  コスタ(クラマリッチ、ドログバ)

よろしければ皆さんの意見もTwitterなどで教えてください!
スポンサーサイト

COMMENT

この補強はあり得な過ぎません笑?
中堅チームの補強じゃないんですから。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。